池田恒興のみんなで決めた能力

下記からそれぞれ戦闘・政治・知力の絵柄を選び池田恒興の能力を投票してください。

戦闘 戦闘1戦闘2戦闘3戦闘4戦闘5戦闘6戦闘7戦闘8戦闘9戦闘10

政治 政治1政治2政治3政治4政治5政治6政治7政治8政治9政治10

知力 知力1知力2知力3知力4知力5知力6知力7知力8知力9知力10

武将の能力を投票する

現在選択されている合計能力値

極端な能力を防ぐため、合計能力値が10〜25以内で投票してください。

池田恒興(いけだつねおき)の経歴

Wikipediaより引用

  • 呼称 : 信長の乳兄弟
  • 生没 : 1536年〜1584年
  • 誕生 :
  • 仕官 : 織田 → 豊臣

織田家臣時代

池田恒興は尾張織田氏重臣。出身地は尾張国、美濃国、摂津国、近江国など諸説ある。母は信長の乳母であり、信長とは乳兄弟になる。幼少の頃から小姓として織田家に仕えた。

桶狭間の戦い、美濃攻略などで戦い、元亀元年(1570年)、浅井氏・朝倉氏との姉川の戦いで活躍し、犬山城主となり1万貫を与えられた。甲斐の武田氏との長篠の戦いなど、信長の主だった戦に参陣した。

天正8年(1580年)、信長に抵抗し、花隈城に籠もる荒木村重を破り(花隈城の戦い)、その旧領を領する。

天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が家臣の明智光秀に討たれると、中国攻めから引き返した羽柴秀吉に合流、山崎の戦いは兵4000を率いて右翼先鋒を務めて光秀を破り、織田家の宿老に列する。

同年、織田家の後継を巡る清洲会議では、柴田勝家らに対抗して、秀吉とともに信長嫡孫の三法師(織田秀信)を擁立し、領地の再分配では摂津国の内、大坂・尼崎・兵庫において12万石を領有した。翌天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いには参戦していないが、美濃国にて13万石を拝領し大垣城主となる。

最期

天正12年(1584年)、三河の徳川家康、織田信雄との小牧・長久手の戦いでは、去就が注目されたが結局は秀吉方として参戦。緒戦で犬山城を攻略したのち、三好信吉(豊臣秀次)・森長可(池田恒興の娘婿)・堀秀政とともに家康の本拠三河を攻めようとしたが、合戦の前半で鞍に銃弾を受け落馬したことが災いとなり(逆上してしまったことと負傷し身動きの自由を失ったことと二重に災いをなした)長久手にて長可とともに戦死。戦死の状況は、床机に座って陣中を立て直しているところに、永井直勝の槍を受けてのものだと言われている。享年49。遺体は一時、遠江にあった新居に葬られたが、後に京都・妙心寺の護国院に改葬されている。 時勢を見る目もあり勇猛ではあったが、短慮な性格であったことが災いしたともいう。

この時、嫡男の元助も討ち死にしたため、池田家の家督は次男の輝政が相続した。