黒田官兵衛のみんなで決めた能力

下記からそれぞれ戦闘・政治・知力の絵柄を選び黒田官兵衛の能力を投票してください。

戦闘 戦闘1戦闘2戦闘3戦闘4戦闘5戦闘6戦闘7戦闘8戦闘9戦闘10

政治 政治1政治2政治3政治4政治5政治6政治7政治8政治9政治10

知力 知力1知力2知力3知力4知力5知力6知力7知力8知力9知力10

武将の能力を投票する

現在選択されている合計能力値

極端な能力を防ぐため、合計能力値が10〜25以内で投票してください。

黒田官兵衛(くろだかんべえ)の経歴

Wikipediaより引用

  • 呼称 : 黒田如水
  • 生没 : 1546年〜1604年
  • 誕生 : 黒田職隆の子(嫡男)
  • 仕官 : 小寺 → 織田 → 豊臣 → 徳川

黒田官兵衛は諱で通称の「官兵衛」並びに出家後の「如水」の号で有名である。豊臣秀吉の側近として仕え、調略や他大名との交渉などに活躍した。「ドン・シメオン」という洗礼名を持つキリシタン大名でもある。

出身

天文15年11月29日(1546年12月22日)、黒田職隆の嫡男として姫路に生まれる。黒田氏は、『寛政重修諸家譜』などによれば近江国伊香郡黒田村(現在の滋賀県伊香郡木之本町黒田)の武家出身とされるが定かではない。黒田官兵衛の祖父・黒田重隆の代に播磨に入り、御着城(現在の姫路市東部)を中心に播州平野に勢力を持っていた西播最大の大名小寺政職に仕えた。政職は黒田氏を高く評価し、重隆を重臣として姫路城代に任じた。重隆の子職隆には自らの養女を嫁がせ、小寺の名字を名乗らせた。

播州時代

永禄10年(1567年)頃、黒田官兵衛は家督を継ぎ、櫛橋伊定の娘を正室に迎え、姫路城代となった。永禄12年(1569年)、赤松政秀が、足利義昭を抱える織田信長に属した池田勝正と別所安治の支援を受け、姫路城に3,000の兵を率いて攻め込んでくるが、300の兵で奇襲攻撃を仕掛け撃退した(青山・土器山の戦い)。

天正元年(1573年)、小寺氏など播磨の大名たちは、浅井長政を討ち畿内で勢力を拡大する織田信長と山陰・山陽に勢力を張る毛利輝元の2つの大勢力に再び挟まれることになった。天正3年(1575年)、長篠の戦いで武田勝頼を破った信長の才能を高く評価していた黒田官兵衛は一早く主君・政職に織田家への臣従を勧め、羽柴秀吉の部下であった縁者をつてに岐阜城で信長に謁見。さらに近隣勢力も説得し、政職、別所長治、赤松広秀 らを謁見させた。

天正4年(1576年)、毛利は小早川隆景の水軍の将、浦宗勝を5,000の兵で攻め込ませるが、英賀に上陸したところを黒田官兵衛は500の兵で攻撃し退ける。この戦いの後、長男の松寿丸(長政)を人質として信長の元へ送る。信長は10月に信貴山城の松永久秀を討った(信貴山城の戦い)羽柴秀吉(豊臣秀吉)に命じて播磨に進駐させた。黒田官兵衛は居城である姫路城を秀吉に提供し、一族を父の隠居城である飾東郡の国府山城(甲山)に移らせた。

織田家臣時代

ところが天正6年(1578年)、播磨の大勢力である三木城主別所長治が織田氏に反旗を翻し、亡命した将軍義昭を抱える毛利氏についた。これに他の播磨の勢力は大きく動揺した。さらに織田家の重臣で摂津国を任されていた荒木村重が信長に対して謀反を起こし、有岡城に籠城(有岡城の戦い)した。

このとき、主君の政職も呼応しようとしたために、黒田官兵衛は村重を翻意させるため有岡城に乗り込んだが交渉は成功せず、逆に捕縛されてしまった。1年後、有岡城は落城し黒田官兵衛は家臣の栗山利安によって救出されたが、劣悪な環境の土牢に長期に渡って押し込められていたため左脚の関節に障害が残り、歩行がやや不自由になった。このため、以後は合戦の指揮も馬上ではなく輿に乗って行うようになった。

天正8年(1580年)、秀吉は難攻の末にようやく陥とした別所長治の三木城を拠点とし、姫路城を黒田官兵衛に還そうとするが、黒田官兵衛は「姫路城は播州統治の適地である」と進言する。村重の謀反の際、主君の小寺政職も同調して信長から離反したため、信長の嫡男・織田信忠によって討伐された。これ以降は名字に黒田を用いていると言われる。黒田官兵衛は信長から播磨国の山崎に1万石を与えられ、秀吉の与力となって参謀として活躍するようになる。

天正9年(1581年)、秀吉は因幡の鳥取城を兵糧攻めで落城させた。策略により周辺の米を買い占めた上で完全に包囲して兵糧の補給を絶ったため、鳥取城内は飢餓で凄惨極まりない状況に追い込まれて 3ヶ月で降伏を余儀なくされたが、城中の備蓄米が少ないことを見抜き、この作戦を秀吉に献策したのは黒田官兵衛だったと言われる。

また天正10年(1582年)、毛利氏の部将・清水宗治が守る備中高松城攻略に際し、秀吉は巨大な堤防を築いて水攻めにしたが上手く水をせき止められなかった。これに対し、黒田官兵衛は船に土嚢を積んで底に穴を開けて沈めるように献策し成功させたと言われる。

豊臣家臣時代

高松城攻めの最中、京都で明智光秀による本能寺の変が起こり、信長が横死した。変を知った黒田官兵衛は秀吉に対して、毛利輝元と和睦し、光秀を討つように献策し、中国大返しを成功させたと言われる。山崎の戦いでは天王山を抑え、その裾野から射撃を仕掛ける中川清秀を追い落とそうとする明智軍と激しい戦闘を繰り広げた。

天正11年(1583年)の秀吉と柴田勝家との賤ヶ岳の戦いでは、佐久間盛政の猛攻に遭って中川清秀の部隊が壊滅し、続いてその攻撃を受けることとなったが、奮戦し守り抜いた。

天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは、前年より大坂城の縄張りに当たっており留守居役を務めるが、外交に手腕を発揮し毛利氏と宇喜多氏の国境線を確定し、実質的に秀吉配下に加える。長政らは岸和田の戦いで根来盛重、鈴木重意、長宗我部元親の兵を破った。

天正13年(1585年)には羽柴秀次を総大将とする四国征伐に、讃岐国から攻め込んだ宇喜多秀家の軍勢の軍監として加わり諸城を陥落させていった。植田城に対してはこれを囮であると見抜いて阿波国へ迂回するなど、敵将・長宗我部元親の策略を打ち破ったと言われる。阿波の岩倉城 が攻略されたところで長宗我部軍は撤退、降伏した。

天正14年(1586年)、従五位下勘解由次官に叙任された。

天正15年(1587年)の九州征伐では毛利氏などを含む羽柴秀長の軍勢の軍監として、戦勝に大きく貢献している。九州平定後の6月、本拠地の中津をはじめとする豊前国の中の6郡、およそ12万5000石(検地後17万石)を与えられた。しかし、7月に佐々成政が肥後国の仕置きに失敗し、隈部親永らによる肥後国人一揆が起きたため、黒田官兵衛も鎮圧のための援軍として差し向けられるが、その隙をついて豊前でも国人勢力の城井鎮房・野中鎮兼らが呼応し一揆を起こす。長政・後藤基次らが鎮圧に一旦は失敗するが、その後黒田官兵衛はこれを鎮圧し和議・婚姻を結ぶ。しかし秀吉は国人衆を許さず翌年4月には城井氏らを謀殺することとなった。

この天正11年から13年頃に、黒田官兵衛は高山右近らの勧めによってキリスト教の洗礼を受けていた。しかし、天正15年(1587年)7月に秀吉がバテレン追放令を出すと高山右近らがこれに反抗して追放される中、黒田官兵衛は率先して令に従った。秀吉の側近である黒田官兵衛の行いは、篤く遇していた宣教師やキリスト教を信仰する諸大名に大きな衝撃を与えたことがルイス・フロイスの書簡から窺える。

天正17年(1589年)、家督を長政に譲って隠居の身となり、「如水軒」と号した。

家督を譲った後も、黒田如水は秀吉の側近として仕えた。天正18年(1590年)の小田原征伐では小田原城に入って北条氏政・北条氏直父子を説得し、無血開城させる功績を立てた。このとき、北条氏直から日光一文字の名刀を与えられている(国宝、福岡市博物館所蔵)。

文禄元年(1592年)から秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役)に総大将秀家の軍監として参加したが、小西行長など諸将の暴走で思ったような采配を執れなかった。和式城郭の縄張りや、第二次晋州城攻防戦において後藤基次らが用いた亀甲車の設計などに携わっているが、文禄2年(1593年)には五奉行の石田三成との間に確執を生じ、秀吉の怒りを買ったために、「如水円清」と号して出家している。

関ヶ原の戦い

慶長3年(1598年)8月、豊臣秀吉が死去した。黒田如水は同年12月に上洛し伏見屋敷に居住したという。この頃、黒田如水が吉川広家に宛てた書状が残されている。

「かようの時は仕合わせになり申し候。はやく乱申すまじく候。そのお心得にて然るべき候」

これは、黒田如水が遠からず天下の覇権をめぐって大乱が起きると予想していたことを窺わせる。慶長5年(1600年)、徳川家康らが会津の上杉景勝討伐のため東へ向かうと、7月17日(8月25日)石田三成らが家康の非を鳴らして挙兵し(西軍)、関ヶ原の戦いが起こった。嫡男・長政は家康の養女を正室として迎えていたことから秀吉の死去前後から家康に与し、豊臣恩顧の大名を多く家康方に引き込み後藤基次ら黒田軍の主力を率いて家康に同行、関ヶ原本戦で武功を挙げた。

中津に残っていた黒田如水も、家康方(東軍)として行動した。石田三成の挙兵の知らせを用意させていた早舟から受け取った黒田如水は、兵力の大半は長政が率いていたため黒田如水は金蔵を開いて領内の百姓などに支度金を与え、9千人ほどの速成軍を作り上げた。9月9日(10月15日)、再興を目指して西軍に与した大友義統が毛利輝元の支援を受けて豊後に攻め込み、東軍の細川忠興の飛び地である杵築城を包囲攻撃した。城将・松井康之と有吉立行は黒田如水に援軍を要請、同日、黒田如水はこれに応じ、1万人と公称した兵力を率いて出陣した。道中の諸城を攻略した後、9月13日(10月19日)、石垣原(現在の別府市)で大友義統軍と衝突した(石垣原の戦い)。黒田二十四騎に数えられる母里友信らの活躍もあって、黒田軍は大友軍に勝利した。

その後、黒田如水は西軍に属した熊谷直盛の安岐城、垣見一直の富来城、太田一吉の臼杵城、毛利高政の角牟礼城と日隈城、毛利勝信の小倉城、毛利信友の香春岳城などを次々と落としていった。国東半島沖の豊後水道付近では関ヶ原より引き上げてきた島津義弘と立花宗茂と戦い軍船を焼き沈めている。そして11月に入り加藤、立花、鍋島勢を加えた4万の軍勢で九州最後の敵勢力である島津討伐に向かったが11月12日に肥後の水俣まで進軍したとき、徳川家康と島津との和議成立による停戦命令を受け、軍を退き解散した。

江戸時代

関ヶ原の合戦の後、長政は家康から勲功第一として筑前国名島(福岡)で52万3000石を与えられた。黒田如水も中津城から福岡城に移り、そこでその後は政治に関与することなく隠居生活を送った。慶長9年3月20日(1604年4月19日)、京都伏見藩邸にて死去。59歳。

人物

竹中重治(半兵衛)と共に秀吉の双璧と謳われ、「両兵衛」・「二兵衛」と称された。

徳川秀忠は孝高を「今世の張良なるべし」と評した(名将言行録)。

虎視眈々と天下を狙う野心家として描かれることが多いが、実際には主君を裏切ったことは一度もない。関ヶ原の合戦の際に天下を取る野心を示したとされるが、本当にそのような野心があったかの確実な証拠は無い。

隠居後の号である黒田如水とは、文字通り水の如くの清らかさや柔軟さを人生訓として用いた一方、モーゼの後継者であり、カナンの地を攻め取った旧約聖書のジョスエ(Josue)も引用しているとされる。

城攻めの才能に共通点がある一方で、黒田官兵衛は人を害する事は好まず、また魔女狩りのように寺社仏閣を害することもなく、晩年は再建に努めた大宰府天満宮内に草庵を構えている。

倹約家で知られ、不要になった物は家臣に売り下げる、城には天守閣を築かず矢倉で代用するなどで蓄財に励んだ。一方で関ヶ原の戦いで兵を集めた時は金を惜しまず、支度金を二度受け取ろうとする者に対しても何も言わずに与えた。

築城の名手として知られ、居住した中津城や福岡城の他、大坂城、高松城(讃岐)、名護屋城、広島城などに縄張りや助言を行った。

逸話

黒田官兵衛は頭部に醜い瘡があったと言われる。これは有岡城にて投獄されていたときに患ったものと思われる。

本能寺の変で織田信長が死去したとき、黒田官兵衛は取り乱す秀吉に対して「御運が開かれる機会が参りましたな」と言った。これにより秀吉は落ち着きを取り戻したが、以後黒田官兵衛の智謀を恐れるようになったという。秀吉が多くの功績を立てた黒田官兵衛に対して、大坂から遠く離れた豊前の中津でわずか12万5000石(検地後に17万石)しか与えなかった(加藤清正・福島正則ら他の子飼い大名と比べると小封と言える)のも、それを示していると言われる。

秀吉が黒田官兵衛を恐れたことを示す史料として、次のようなものがある。

「秀吉、常に世に怖しきものは徳川と黒田なり。然れども、徳川は温和なる人なり。黒田の瘡天窓は何にとも心を許し難きものなりと言はれしとぞ」(名将言行録)。

黒田官兵衛が長政に家督を譲って隠居したのは44歳のときであるが、働き盛りの年齢で隠居したのは秀吉に恐れられていることを知って身の安全を図ったためと言われる。次のような逸話が残っている。

秀吉が家臣に「わしに代わって、次に天下を治めるのは誰だ」と尋ねた。家臣たちは徳川家康や前田利家の名前を挙げたが秀吉は黒田官兵衛(黒田官兵衛)を挙げ、「官兵衛がその気になれば、わしが生きている間にも天下を取るだろう」と言った。側近は「官兵衛殿は10万石程度の大名に過ぎませんが」と聞き返したところ、秀吉は「お前たちはやつの本当の力量をわかっていない。やつに100万石を与えたらとたんに天下を奪ってしまう」と言った。これを伝え聞いた黒田官兵衛は身の危険を感じて隠居を申し出たという。

これはわざと情報を流すことで周囲の反応を見ようとしたものと思われる。一方、隠居は三成ら若い人材の台頭なども理由と言われる。

文禄4年(1594年)の伏見の大地震の際、倒壊した伏見城に駆けつけたが、秀吉は同じ蟄居中の加藤清正の場合には賞賛したのに対し、黒田如水に対しては「俺が死ななくて残念であったであろう」と厳しい言葉をかけたと言われている。

京都の聚楽第邸内の屋敷は千利休と隣り合い、茶道を学んでいる。

筑前国福岡の地名は元は福崎であり、黒田如水が祖父黒田高政の代から関わりが深く洪水で壊滅した、備前国福岡 (瀬戸内市)の地名にちなみ変更された。

晩年は家臣に対して冷たく振舞ったとされる。これは殉死者を出さないためとも、当主の長政に家臣団の忠誠を向けさせるためとも言われている。

村重謀反のとき、信長は翻意するよう説得に向かった黒田官兵衛が帰ってこないのは村重に寝返ったからだと判断し、人質として預けられていた長政を殺害するように命じた(村重と一緒に主君の小寺政職も裏切った事がこの疑念を助長している)。しかし重治(半兵衛)は密かに長政を匿った。このため、重治への感謝の気持を忘れないために黒田家は家紋に竹中家の家紋を用いた(この家紋とは黒餅の事を指す。黒餅とは石高の加増を願う家紋である)。

遺訓として「人に媚びず、富貴を望まず」がある。

黒田如水の遺品

黒田如水が使用したと伝わる遺品が現在も各地に残っている。彼の愛用した兜「銀白檀塗合子形兜(ぎんびゃくだんぬりごうすなりかぶと)」は、彼が死の間際に家臣である栗山利安にこれを贈っている。この兜は後に起こった黒田騒動にて利安の子である栗山大膳が盛岡へ流された後、盛岡藩主へ献上された。現在この兜は同地にある盛岡市中央公民館に保存されている。なお、この兜は別名「如水の赤合子」とも呼ばれ、1566年(永禄10年)、志方城の城主櫛橋伊定から贈られた兜である。また、黒田如水所有の刀のうち数点も現在、福岡市博物館に保管されており、1575年(天正3年)7月、美濃国岐阜城にて織田信長と謁見した際に信長より贈られた山城国の刀工長谷部国重が製作した「圧切長谷部金霰鮫青漆打刀拵付(へしきりはせべきんあられさめあおうるしうちがたなこしらえつき)」と、1581年(天正9年)11月、第一次四国征伐の際に淡路国にて安宅河内守(安宅清康かあるいは安宅貴康)を攻めた折に安宅河内守を討ち取った時に使用したとされている「安宅切金霰鮫青漆打刀拵付(あたきぎりきんあられさめあおうるしうちがたなこしらえつき)」と、1590年(天正18年)の小田原征伐の際に、降伏を勧める為に小田原城へ派遣された折に北条家当主の北条氏直より贈られた「日光一文字・葡萄文蒔絵刀箱付(にっこういちもんじ・ぶどうもんまきえかたなばこつき)」が保存されている。また、この降伏交渉の際に北条氏直から歴史書の『吾妻鏡』と法螺貝の北条白貝も黒田如水に贈られ、『吾妻鏡』は国立公文書館に、北条白貝は福岡市美術館に保存されている。